雇用保険:「改正」の影響について

雇用保険:「改正」の影響について

雇用保険・改正・影響について

 

◆ 平成19年4月23日に「改正雇用保険法」が施行されました。

 

この改正にともない、様々な影響が出たようです。

 

というのも、この改正により、雇用保険料率が引き下げられたのですが、新料率は4月1日に遡って適用されることになったからです。

 

これでは、4月分の給与計算処理をする各企業の経理担当者も、結局は2度手間になることが明白だからです。

 

とりわけ、この時期は、労働保険年度更新の事務処理があります。

 

給与計算だけでなく、社会保険労務士といった専門家も、非常に大きな影響を被ったようです。

 

(「 雇用保険・改正・影響 」の記事 終わり )