雇用保険の計算:「交通費」の算出

雇用保険の計算:「交通費」の算出

雇用保険・計算・交通費について

 

◆ まず、雇用保険の計算方法は、労働者に支払う賃金の総額に、雇用保険率を乗じて得た額です。そこで、この計算をする際に、交通費というのは「賃金の総額」に含めるかどうかが問題になります。結論を言うと、含めます。つまり、たとえば、「基本給・住宅手当・家族手当・役職手当・交通費」の合計額に雇用保険率を掛ける、という計算になるわけです。

 

◆ 雇用保険料率は改定され、平成19年4月1日から、下記の料率が適用されています。

 

 

○一般の事業           
保険料率(全体)    事業主      労働者
15/1000      9/1000    6/1000

 

○農林水産(清酒製造)     
保険料率(全体)    事業主      労働者
17/1000     10/1000   7/1000

 

○建設業              
保険料率(全体)    事業主      労働者
18/1000     11/1000   7/1000

 

 

(「 雇用保険・計算・交通費 」の記事 終わり )