雇用保険給付:65歳以上の扱い

雇用保険給付:65歳以上の扱い

雇用保険給付・65歳以上について

 

◆ 雇用保険には、「高年齢求職者給付金」というものがあり、これは、65歳以上の人が失業した場合に失業給付をする制度です。

 

◆ つまり、通常、失業した人には雇用保険から基本手当が支給されるところを、65歳以上の人に対しては、基本手当の代わりに、高年齢求職者給付金が支給されるというわけです。

 

◆ 高年齢求職者給付金の給付条件
1)同一の事業主の適用事業に65歳に達した日の前日から雇用されていて、なおかつ、65歳に達した日以後も引き続いて雇用されていたこと。
2)離職の日以前の1年間に、雇用保険の被保険者となっていた期間が、通算して6ヶ月以上あること。

 

◆ 高年齢求職者給付金の支給を受けるには、ハローワークの窓口で手続きを行ってください。

 

(「 雇用保険給付・65歳以上 」の記事 終わり )