雇用保険の手続き:「事業主」の扱い

雇用保険の手続き:「事業主」の扱い

雇用保険・手続き・事業主について

 

◆ 事業主がとるべき雇用保険の手続き<採用時>
1)従業員を雇用した場合や、従業員が被保険者に該当したときは、雇用保険被保険者資格取得届を提出します。
2)提出期限は、被保険者となった日の属する月の翌月10日までです。

 

◆ 事業主がとるべき雇用保険の手続き<退職時>
1)被保険者が離職したとき、または労働条件の変更等により被保険者に該当しなくなったときは、雇用保険被保険者資格喪失届を提出します。
2)提出期限は、被保険者でなくなった事実のあった日の翌日から10日以内です。

 

◆ 事業主がとるべき雇用保険の手続き<受給時>
1)従業員が離職し、雇用保険の受給手続きをするには、離職票が必要となります。この離職票は、事業主が資格喪失届に添えて提出する離職証明書に基づいてハローワークの所長が交付するものです。本人に必ず渡さなければなりません。

 

 

(「 雇用保険・手続き・事業主 」の記事 終わり )